アーチェリー 射法八節@アーチェリー上達革命

product.jpg


我流で練習を続けた結果、悪い癖が身についてしまい、癖を治すために余計な練習をする羽目になっていたとしても、
無駄のない正しい動作が身に付き、的中率をうんとアップするアーチェリー練習方法がこちら




あなたも下のような悩みに苦しむのはさっさと終わりにして、きれいなフォームから見事はスコアを出してみたいと思いませんか?

練習で身体を痛めることが多い

ドローイング後半で顔が迎えに行ってしまう

押し手の肩がつまってしまう

調子が良い時と悪い時の差が激しい


アーチェリーは一筋縄で上手くなるものではありません。ダイナミックさは求められないものの、その代わり、慎重かつ繊細な動作が求められます。

ある意味、針の穴に糸を通すように正確な動作を何度も再現する必要があるため、見よう見まねでは上達のヒントをつかみにくい特徴があります。



他のスポーツであれば、上手い人のフォームやプレーをまねることで、上達する可能性があるわけですが、アーチェリーだとそうはいきません。

素人がぱっと見るだけではさっぱりわからない動作の重要度が高かったり、上手い人が軽々とやっていることが実は、ものすごく難易度の高いことだったりします。



サッカーや野球といったスポーツで良いパフォーマンスを発揮していたとしても、アーチェリーではさっぱり上手くいかないというケースがたくさんあります。

アーチェリーが上手くなるためには、独特のノウハウを学ぶ必要があり、個人の才能やセンスだけで上達するのは難しいものがあるんです。



佐藤達也さんのアーチェリー上達革命は、アーチェリーが上手くなるために欠かせない数々のノウハウをてっとり早く身に着けるための練習方法が紹介されています。

アーチェリーを今までの人生で全く触ったことがない人でも取り組みやすいように、ステップバイステップ形式に構成されています。



つまりどんな順番でどんな練習をてっとり早く上達できるのか?あなたがいちいち考えなくても、アーチェリー上達革命を見ればすでに答えが用意されています。

DVDをなぞるように最初から練習をこなしていくことで、あなたに足りなかったものを着実に習得してレベルアップしていくことができます。



逆に言うと、あなたがアーチェリーで伸び悩んでいたのは、これまでの練習の過程で、アーチェリーが上手くなるために必要な基本動作をしっかりと身に着けていなかったことが、主な要因となっているんです。

アーチェリーでスコアっぷするためには、やはり基本から地道に積み上げていくしかありません。レンガのピラミッドを構築していくようなイメージです。



土台部分が大きく広く頑丈にできていればいるほど、それだけピラミッドが高くなります。高いスコアを安定して出せるようになるわけです。

日によって成績が安定せず、出来たりできなかったりを繰り返すのは、ピラミッドのあちこちでレンガが抜けていたり、レンガがもろくて崩れやすくなっているからです。



佐藤達也さんのアーチェリー上達革命では、こうした抜けや漏れを埋めていくのに最適ですが、その代わり、実践した翌日にはいきなり上手くなるような魔法のノウハウは用意されていません。

アーチェリーがしっかり上手くなるためには、小手先のノウハウでどうにかなるものではありません。上級者になればなるほど、痛いほどわかっています。



だからこそ、練習前や重要な試合の前では、基本動作を徹底的に見直しているんです。自分のスキルの漏れや抜けがないか?をチェックすることでパフォーマンスを安定させているわけです。

あなたも先を急ぎ過ぎるんじゃなくて、目の前のことをコツコツ実践していくと、遠回りに見えて実は最短距離でアーチェリーが上手くなっていきますよ。


レベルの高い悩みが産まれるようになる

力まず弓を引けるようになる

見事な軌道で矢が的に的中する

アーチェリーがさらに楽しくなる



→→直感だけでなく、理論的にも理解しやすい佐藤達也さんのアーチェリー上達革命を返金保証&メールサポート付きで試してみるにはこちら

product.jpg